避暑地 Navi > 関東 避暑地

関東 都心部からも近くて人気の避暑地

東京の平均気温は、2013年が29.2度でした。約30年前の1985年は27.9度で約1度違います。それ以前の平均気温を見ると、26度台が多く25度台の年も少なくありません。平均気温よりも、最高気温を見ると暑くなっていることがよく分かります。1985年の8月の最高気温が31.6度なのに対し、2013年は33.2度です。1980年~90年の最高気温を見ると、30度台のことが多く、ここ10年ほどで急に33度台が増えてきています。

I LOVE TOKYO数字で見ても、明らかにここ数年は暑い夏だと分かります。避暑地が人気なのも頷けます。関東地方で人気の避暑地と言えば、那須高原、芦ノ湖、富士五湖や八ヶ岳、軽井沢などがど定番です。泊まりで出かけるなら、これくらい脚を延ばしたいですね。

日帰りだと23区内唯一の渓谷 世田谷区の等々力渓谷、都内なら檜原村の払沢の滝(ほっさわのたき)や、奥多摩町の日原鍾乳洞も人気です。

軽井沢は8月の平均気温21.9度で別天地

関東の避暑地の王道 軽井沢は2013年8月の平均気温が21.9度で、札幌の23.1度よりも低いです。避暑地としての歴史は明治時代にまでさかのぼり、カナダ人宣教師がその清涼な気候に感動し、広く知人達に紹介したことから始まるそうです。観光スポットとしては、ド定番の白糸の滝、雲場池や鬼押出し園、旧三笠ホテルも一見の価値があります。最近のものだと、2009年オープンのハルニレテラスです。

スポンサーリンク