避暑地 Navi > 長野 避暑地

長野は避暑地の聖地のような県です!

長野県は平均標高が1,132mで日本の都道府県で一番高いです。ちなみに一番低いのが45mの千葉県です。県庁所在地の松本市は標高595mで、2013年8月の平均気温がなんと25.5度です。最高気温は32.1度あるんですが、最低気温で20.7度まで下がります。

妻籠避暑地で有名な軽井沢の場合、8月の平均気温が20.5度しかありません。軽井沢よりかなり南に下った飯田市(標高516m)でも26.1度です。人気の避暑地 伊那は平均23.4度で非常に涼しいです。

ただ長野市は盆地で夏は結構暑いです。でも湿度が低くカラッとした暑さなので大都市の中心部の暑さとは比べるべくもありません。避暑地探しで悩んだら、とりあえず長野を探してみましょう!

軽井沢・伊那・安曇野・白馬・蓼科・上高地

長野は避暑地選びに困りません。↑ここに挙げた場所以外でも、志賀高原や南信州のしらびそ高原は標高が高く、星空が綺麗な事で有名です。開田高原や駒ヶ根高原、南木曽町の妻籠宿や南木曽温泉郷もおすすめです。東海や関東地方だけでなく、関西からも多くの方が避暑に訪れるのが長野県です。軽井沢・上高地は、北海道の富良野に続き、避暑地ランキングで2位・3位に入る超有名どころです。

スポンサーリンク